2014年7月17日木曜日

Linux Mint に Oracle JDK7 をインストール

Linux Mint に Oracle JDK7 をインストールする

すぐに忘れてしまうのでメモ。

環境

  • Linux Mint 17 Xfce

手順

1.レポジトリの追加

    $sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java

    $sudo apt-get update

2.インストール

    $sudo apt-get install oracle-java7-installer

ダウンロードが完了すると自動的に実行されて、アップデートが始まる。
最初にライセンスの同意などに答える。
完了すると自動的にjavaコマンドなどがopenJDKと置き換えられる。

    $java -version
    java version "1.7.0_65"
    Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_65-b17)
    Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 24.65-b04, mixed mode)

2014/7/17現在のバージョンはこんな感じになりました。

自動的にopenJDKと置き換わらない時は、以下のコマンド。

    $sudo update-java-alternatives -s java-7-oracle

以下のコマンドで使えるJavaの一覧が出せます。
    $update-java-alternatives  -l


容量に余裕があるならopenJDKも入れたままにしておいた方がいいのかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿